オーダーメイドでお客様のご予算やご要望に合った最適な全館空調システムをご提供します。

よくある質問

Q.家全体を空調するのは無駄ではないですか?

A.ルームエアコンを主な部屋で4~5台使用する場合と全館空調で全部屋冷暖房する場合の電気代を比較してもあまり差はありません。

比較シュミレーションはコチラを参照してください⇒参考価格について

Q.家族に暑がりと寒がりがいるのですが?

A.リモコン設定温度を『夏は暑くない程度。冬は寒くない程度。』と設定し、それぞれの着衣で調整する方法があります。

また、夏に子供部屋でパソコンやテレビを長時間使いますとかなりの発熱量となり、その部屋のみ暑い!ということになります。その場合は、部屋の夏と冬の送風量をお施主様が手動ダンパ-(又は電動ダンパ-)で調整いただくことで対処が可能です。

その他、1階が吹き抜けで広いリビングになっている場合は窓も大きくとっていますので、夏の快適風量では冬になると窓からの冷輻射で寒く感じる場合があります。そのような場合は電気カ-ペットなどの輻射熱での補助暖房の併用もお勧めします。

Q.臭いや部屋の音が家中をまわってしまう心配はないのですか?

A.通常の生活臭や雑音については気になりません。特殊な場合はご相談ください。

空調室内機を中心にダクトで全館つながっていますので、運転していない時はピアノ室・シアタールームなどの音がドアのアンダーカットから洩れる可能性も想定できます。音への対応は空調設計・造作工事ともに関連しますので、着工前に建築会社様と打合せを行い、ご提案させていただきます。

一般的な生活臭に関しましては、第1種顕熱熱交換型換気装置で臭い及び湿気を24時間排出していますので、清潔な環境となります。また、電子式空気清浄機付きのシステムでは、家中の空気を1時間に2~3回集塵して浮遊塵埃を除去し、その時に軽く脱臭も行っています。ただし、吸い込み口付近での喫煙はおやめください。

Q.空調室内機や室外機の音はうるさくないですか?

A.室内機はほとんど気になりません。室外機は設置場所に注意が必要です。

小屋裏の床に設置する場合は振動・音が発生しますが、(株)HOCの施工方法は屋根の骨組みに吊るため殆ど気になりません。室内では、ダクトからの送風なので殆ど音は聞こえません。

一番注意が必要なのは室外機です。室内にいれば殆ど聞こえないのですが、外では近隣のご迷惑にならないような場所を選ぶ必要があります。お打合せ時に、室外機の設置場所については慎重に提案させていただいております。

Q.ダクト内の汚れは大丈夫ですか?交換できないのでは?

A.電子式空気清浄機で、1/10万mmまでの汚れを除去したクリーンな空気しか通らないので汚れの心配はありません。

冷暖房吹出しグリルから送風された空調空気は、部屋のドア下などから2階オープンスペースに設置されたリターン口へ戻ります。そのリターン口を通った空調空気は、浮遊塵埃を集塵して空調室内機に戻ります。

空調室内機で再度、冷却(暖房時は昇温)され、ダクトを通って冷暖房吹出しグリルから送風されます。約1時間に家中の空気を2~3回、電子式空気清浄機で集塵することになり、家中の空気が澄んだクリーンなものとなります。

また、24時間換気装置で取り込まれる外気も換気装置のフィルターだけではなく空気清浄機を経由して室内へ給気されます。

Q.故障したときの対応が心配なのですが?

A.施工エリアを限定し、機械類は国内メーカー品を使用していますので大丈夫です。

(株)HOCは、施工エリアを限定する事で迅速な対応を可能にしています。

また、全館空調システムはアメリカで発展したスタイルですが、空調機本体や換気装置は国内メーカー品(例えば、三菱製やダイキン製、パナソニック製など)を使用しています。それは、信頼性・電気代・交換部品の入手しやすさを考慮してのことです。

Q.メンテナンスの頻度とかかる費用はどのくらいですか?

A.お客様にお願いしているお手入れは次の2つです。

(1)電子式空気清浄機と24時間換気装置のフィルターの埃を月に1回程度、電気掃除機で吸い取る。
(2)セル(集塵部品)を1年に1~2度、合成洗剤で漬け置き洗いする。(びっくりする程真っ黒です)

以上の2つの手間をかけることで目詰まりを防止し、日々快適な空調を保つことにつながります。

ご希望があれば弊社でもメンテナンスに伺いますが、20,000円+交換部品代がかかりますのでご了承ください。お客様のご希望によっては、定期メンテナンス契約も行っています。お電話でのご相談は、もちろん無料です。

Q.機械の寿命はどのくらいですか?

A.システム全体では15~20年を想定しています。

システム全体では15~20年を想定しています。しかし、10年程度でファンモーターやコンプレッサーの交換が必要となります。使用後5年目以降は、1回/年の定期メンテナンスをお勧めします。

このページの先頭へ